監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

鼻の毛穴の白いポツポツ、毛穴の周りを押すと生じる白いニョロニョロ。何となく不衛生な印象で、気にする女性は多いものです。

「きれいに除去するため」と押し出すお手入れを続けることで、症状が悪化することもしばしば。良かれと考えて行うお手入れが更なるトラブルを招くとしたら、いくら泣いても泣ききれません。

そこで、この記事では、白いポツポツ・ニョロニョロの正体と原因、正しい取り方を紹介します。きれいな状態を維持するための予防対策も知り、トラブルを繰り返さない理想の肌を目指しましょう。

鼻の毛穴の白いニョロニョロの正体とは?臭い?

「ニョロニョロ」「ニュルニュル」などと呼ばれる白い脂の正体は、角栓です。

毛穴内部に蓄積した古い角質・皮脂が塊となって、角栓が生じ、日常的な洗顔では落とすことが難しい状態となってしまいます。

トラブルを放置し、毛穴内部のスペースに入りきらない大きさまで悪化した角栓は、表面に飛び出します。この状態が「白いポツポツ」と呼ばれるものです。

ポツポツの目立つ肌の周辺を爪や指で刺激すると、白い糸状の角栓が出てくることも多いのですが、氷山の一角に過ぎません。毛穴内部に詰まった角栓を根こそぎ落とす根本的な対策、再発予防を行わなければ、トラブルの解決は困難です。

白いニョロニョロができる原因3個

毛穴の白いニョロニョロが作られてしまう原因は、一体どこにあるのでしょうか。大人の女性の角栓トラブルは思春期と異なる原因から生じるケースが多く、正しい理解が不可欠です。そこで、ここでは、大人の女性の角栓トラブルのよくある原因3個を紹介します。

1. メイク汚れの蓄積

まず、メイク汚れの蓄積です。ファンデーションや化粧下地、日焼け止めといった化粧品を落とすことなく就寝すると、毛穴詰まりが悪化します。

毎日きちんとメイク落としを行っているつもりでも、拭き取り化粧水を使用すると、ベージュや茶色の汚れが付着することは多いもの。蓄積した汚れが角栓を悪化させ、白いニョロニョロを生み出します。

2. ターンオーバー周期の乱れ

次に、ターンオーバー周期の乱れです。ターンオーバーとは、古い肌細胞が剥がれ落ち、新しいものへと生まれ変わるサイクルを意味します。一般的には約28日で繰り返される生まれ変わりサイクルが通常以上に遅くなって、古い角質の排出が滞ることにより、角栓ができてしまうのです。

なお、ターンオーバー周期が必要以上に短いことも同様にトラブルを招きます。角栓の原料である古い角質が次々に生まれ、毛穴に蓄積するためです。十分な保湿とともに定期的な角質ケアを実践し、「短過ぎず」「長過ぎず」といった状態を目指しましょう。

3. 過剰な皮脂

3個目の原因は、過剰な皮脂です。気温の上昇やストレス、食生活の乱れなどを理由に皮脂分泌が増加し、毛穴の詰まりを招くことで、角栓が生まれます。皮脂の構成要素には、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸などがあります。

不飽和脂肪酸オリーブオイルのようにサラサラとした液体。広範囲へとムラなく広がりやすく、健やかな肌を守るために都合の良い種類と言えます。
飽和脂肪酸バターのような固形で、ドロドロに溶け出す種類の油分。皮脂の中で飽和脂肪酸の占める割合が増加すると、潤いムラが生じます。

皮脂バランスは、ただでさえ、年齢とともに飽和脂肪酸優位の状態に傾き、角栓ができやすい状態へと変化します。不要な皮脂を取り除いた後に良質な脂質を補い、バランスを整えるお手入れを行うことで、白いニョロニョロのできにくい肌を目指しましょう。

白いニョロニョロを取る正しい方法6選

白いニョロニョロを取るためには、正しい洗顔・クレンジングと集中ケアが必要です。以下6個の方法から肌質や症状に合うものを選択し、正しい対処を行いましょう。

1. 汚れ吸着成分配合の洗顔料を活用する

軽度の角栓程度であれば、日常的な洗顔だけでも、対応できます。ホワイトクレイやこんにゃく成分といった汚れ吸着成分を含む洗顔料を使用し、こびりついた汚れを除去しましょう。

白いニョロニョロを取るための洗顔手順は、以下のような内容です。

【1】洗顔料をよく泡立て、Tゾーンから順番に乗せる。
【2】泡のクッションを利用し、肌の上を転がすように洗顔する。
【3】体温より低いぬるま湯で丁寧にすすぐ。
【4】小鼻の脇にすすぎ残しのないことを確認する。

とくに大切なポイントは、最後のすすぎの部分です。顔の上に残ってしまった洗顔料は、角栓の原料となり、白いニョロニョロを悪化させる要素。汚れや洗顔料をすすぎできれいに落としましょう。

2. 毛穴クレンジングを活用する

洗顔ではなくメイク落としを行う際に、角栓を取る方法も存在します。活用するアイテムは、メイク落としを行いながら毛穴汚れを吸着し、落とすことのできるクレンジングです。

リンゴ酸や乳酸など角質柔軟成分を含むクレンジングは、角栓を落としやすい状態にした上でメイク汚れと一緒に取り去り、白いニョロニョロの解消を助けます。

角栓をきれいに取るためのポイントは、以下2点です。

【1】指を上下にスライドし、クレンジングを毛穴に入れ込む
小鼻の周りは、指を上下にスライドさせ、クレンジングを入れ込むように洗います。強くこすると摩擦刺激を与えるため、小刻みに指を動かし、なじませることが大切です。

【2】乳化させてから顔をすすぐ
オイルやミルクタイプのクレンジングは、乳化させることにより、すすぎの水となじみます。顔になじませた後に少量の水を付け、白く濁った状態に変えてからすすぎましょう。

毛穴ケアクレンジングにもいろいろな商品が存在するため、メイクの濃さや肌質に合うものを選ぶことも大切です。必要に応じて複数種類のクレンジングを使い分け、肌に対する負担を軽減する方法も検討しましょう。

3. 酵素洗顔で取り除く

洗顔・クレンジングで落としきれない頑固な汚れに対しては、酵素洗顔によるお手入れを検討できます。酵素洗顔とは、タンパク質や油汚れの分解酵素を含む特殊な洗顔アイテムです。週1回から2回を目安に、次の手順で使用し、白いニョロニョロ・角栓を除去しましょう。

【1】酵素洗顔パウダーを泡立てる。
【2】円を描くように、優しく洗う。角栓の目立つ部分を重点的に行いましょう。
【3】ぬるま湯で十分すすぐ。

酵素洗顔に含まれる酵素は商品により異なるため、汚れの種類に応じたものを選択すると、除去作用が高まります。タンパク分解酵素・皮脂分解酵素の両方が含まれる商品は古い角質などタンパク汚れ、皮脂など油性汚れのどちらにも対応可能。正しい商品選びを行うためにも、角栓の原因をきちんと把握し、症状に応じたものを選択下さい。

4. ピーリングジェルで取り除く

ピーリングジェルとは、AHAやBHAといった薬剤を使用し、ターンオーバーを促すことで、角栓を除去するための商品です。使用目的は酵素洗顔とほぼ同様であるため、併用する必要はありません。肌に対する相性を見ながら、自分に合う方を選択しましょう。

ピーリングジェルを使用した角栓ケアは、次の手順で行います。

【1】洗顔後に水分を拭き取る。
【2】適量のピーリングジェルを手に出し、角栓の気になる部位になじませる。
【3】指の腹でマッサージするように優しくこする。
【4】ぬるま湯ですすぐ。

「濡れた手で使用可能」という表記の見られる商品以外は、乾いた顔に使用します。使い方を間違えると上手く作用しないため、商品説明をよく読み、正しい手順でお手入れしましょう。

5. 綿棒とオリーブオイルで取り除く

酵素洗顔やピーリングジェルのように市販グッズを活用する方法以外では、綿棒とオリーブオイルで絡めとるお手入れが選択肢です。以下の手順に従って角栓ケアを行うと、白い糸状のニョロニョロが毛穴から抜け、きれいに取り去ることができます。

【1】綿棒の綿の部分にオリーブオイルをしみ込ませる。
【2】鼻の上を転がすようにマッサージする。
【3】乾いたコットンで軽く拭き取る。
【4】いつもと同じ洗顔料を使用し、鼻に残った油分を落とす。

6. 蒸しタオル × 綿棒・オリーブオイルで取り除く

上で紹介した方法では落としきれない角栓を取り除くためには、蒸しタオルパックと綿棒によるお手入れの掛け合わせで対応します。角栓除去を行う前に蒸しタオルでパックし、毛穴を十分に開かせることにより、パワフルなお手入れが可能です。

◎蒸しタオルの作り方

【1】フェイスタオルを水で濡らし、水滴が出なくなる位に絞る。
【2】電子レンジで30秒から1分程度加熱する。
【3】温かさが足りない場合は電子レンジで再加熱し、適度な温度に調整する。

準備した蒸しタオルを顔に乗せ、3分程度パックすると、毛穴が大きく開きます。この状態で綿棒を使用し、蓄積汚れを取り除きましょう。汚れを取り除き、洗顔・保湿を行った後に引き締めケアを行えば、毛穴が大きく開いたままの状態で、固定化する心配はありません。この引き締めケアについては、ニョロニョロの予防対策で、より詳しく紹介します。

[blogcard url=”https://www.mebiusseiyaku.co.jp/article/archives/986″]

白いニョロニョロを取るNG方法4個

白いニョロニョロを悪化させる要因の1つにやり過ぎケアがあげられます。たとえば、以下のような取り方は、NGお手入れ方法の顕著な例です。上で紹介したような正しい取り方へと切り替え、症状の改善を目指しましょう。

1. 剥がすタイプの毛穴パックを使用する

まず、粘着シートを鼻に貼り付け、剥がすタイプのパックです。このタイプの商品は、健康な肌細胞まで剥がしてしまうリスクがあります。

「再び生じた角栓が気になり、毛穴パックを使用する」といったイタチごっこに陥ると、肌の健康状態はどんどん悪化。修復の難しい状況になってしまうケースもあるため、あまりおすすめできません。

2. 毛抜きやピンセットで抜き取る

毛抜きやピンセットで抜く方法も同様に、負担の大きいお手入れです。毛穴周辺の肌を傷つけて、炎症やごわつき、大人ニキビを招いてしまうリスクがあります。

これらのお手入れを続ける限り、正しい洗顔・クレンジングで摩擦刺激を軽減しても、きちんと意味をなしません。無理に汚れを取り除くお手入れ=NGケアということを認識し、正しい対処を行いましょう。

3. 市販の軟膏でパックを行う

SNSやブログで紹介されるお手入れテクニックの全てが正しい情報とは限りません。市販の軟膏を使用し、行うパックは顕著な例です。医薬品である軟膏を別の用途に使うことは、正しいお手入れとは言えません。

4. スクラブでゴシゴシこする

スクラブ粒子の含まれる洗顔料を頻繁に使用し、ゴシゴシこするお手入れは、バリア機能を低下させるリスクがあります。バリア機能の低下した肌は刺激に対して敏感な状態に傾くことから、過剰な皮脂を分泌しやすく、角栓を悪化させる要因です。

白いニョロニョロの予防対策5個

白いニョロニョロの目立たないきれいな毛穴を維持するためには、どのような工夫を行えば良いのでしょうか。ここでは、角栓を予防し、毛穴レス肌を維持するための対策5個を紹介します。

1. 十分な保湿を行う

十分な保湿は、肌の健康状態を改善し、ターンオーバー周期の正常化を行うために必要です。保湿成分を含む化粧水や美容液を活用し、きちんと保湿を行いましょう。

ターンオーバー周期の正常化を行うためにおすすめしたい成分の例は、アミノ酸やセラミドです。これらの成分は、バリア機能を補完し、健やかな肌への生まれ変わりを支援する働きを担います。

別方面から行うアプローチとして、傷ついた肌細胞の修復を促進し、生まれ変わりを支援する基礎化粧品を活用する方法も存在します。

具体的には、成長因子「EGF」を配合した化粧水・美容液を使用し、お手入れを行う方法です。EGF配合化粧品のメリットは、保湿×エイジングケアと2方向からの対策ができること。角栓予防だけではなく、開き毛穴やたるみ毛穴の解消を目指す人にはとくにおすすめしたいケアと言えます。

2. 開いた毛穴の引き締めを行う

角栓ケアを行った直後の毛穴は大きく開き、汚れを溜め込みやすい状態に傾きます。ビタミンC誘導体やアーチチョーク葉エキス、カミツレ花エキス、カモミラエキスなどを含む化粧水を使用し、角栓予防を行いましょう。

これらの成分の共通点は、毛穴の引き締めを助け、肌の状態を整える働きを持つことです。収れん化粧水やさっぱり系の化粧水の成分として、採用される傾向があります。

◎収れん化粧水やさっぱり系の化粧水の活用手順

【1】角栓ケアや洗顔後に、普段通りの保湿を行う。
【2】収れん化粧水やさっぱり系の化粧水をコットンに含ませ、角栓の目立つ場所をパッティングする。
【3】肌の火照りや毛穴の開きが解消され、ひんやりと感じる程度までパッティングを続ける。

3. バランスの良い食生活に切り替える

角栓を予防するためには、食生活の改善が欠かせません。多くの食材を組み合わせ、炭水化物とタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルといった5大栄養素を過不足なく摂取しましょう。

ただ、食事の度に栄養素の確認・記録を行うことは大変ですよね。そこでおすすめしたい対策が、食事の度に主食・主菜・副菜の3点セットをそろえることです。

主食炭水化物(白米・雑穀米・麺類など)お茶碗軽く1杯(コンビニのおにぎりなら1個から1個と半分程度)がご飯の目安。雑穀米や麦ご飯を選択すると、不足しがちな食物繊維を補えます。
主菜タンパク質(魚・肉など)手の平1杯分のタンパク質を目安として、メインのおかずを選択します。ベーコンやハムは添加物を多く含むものもあるため、食べ過ぎに注意しましょう。
副菜ビタミン・ミネラル・食物繊維(野菜・海草類など)生野菜なら両手1杯、温野菜なら片手1杯が1食あたりの目安です。サラダやスープで取り入れると、無理なく摂取することができます。

1品の副菜で片手1杯分の温野菜を摂取することが難しい場合は、おひたし+汁物といったように2品に分けると、大きなストレスを感じません。野菜のおかずを何品か冷蔵庫にストックし、すぐに食べられる環境を整えると、無理なく継続できますよ。

4. ストレスを溜めない

慢性的なストレスは、ホルモンバランスの乱れを招き、皮脂分泌を活発化させるリスクがあります。

ストレスを感じた脳が誤作動を起こし、皮脂分泌を促す男性ホルモン・アンドロゲンの分泌を促進することが理由です。皮脂分泌量が増加すれば、白いニョロニョロの再発リスクも高まります。以下のような対策を行い、ストレスを溜め込まずに発散しましょう。

・イライラを感じた時に深呼吸を行う
・自分だけの空間で、お気に入りの音楽を聞く
・日帰りドライブや小旅行で気分転換を図る
・気の合う友人とコミュニケーションをとる

社会の中で生活を送る以上、ストレスをゼロにすることは困難です。自分なりのストレス発散法を見つけ、多忙な時期の毛穴トラブルを予防しましょう。

5. ベースメイクの厚塗りを控える

シリコンやポリマーを含むベースメイクは、角栓リスクを増加させます。日常的に行うメイクは薄づきに留め、肌の負担を軽減しましょう。メイクによる肌の負担を軽減するためには、化粧品の選び方も大切です。以下2点に注目し、化粧品選びを行うと、角栓の再発リスクを軽減できます。

【1】刺激成分を含まないこと
香料や界面活性剤、タール色素を含む化粧品は、肌トラブルを招いてしまうリスクがあります。ターンオーバー周期の乱れを招く原因でもあるため、刺激成分不使用の化粧品がおすすめです。

【2】石鹸で落とせるタイプであること
石鹸で落とせるタイプのファンデーションや下地を活用すると、強いクレンジングの使用による肌トラブルを予防できます。肌への優しさを考慮した化粧品の中にも、しっかりとしたカバー力を持つものは存在するため、取り入れやすい商品を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

毛穴の白いニョロニョロを取る方法と予防対策を紹介しました。紹介した内容を参考に肌の状態を改善すると、毛穴詰まりを起こす前に老廃物が排出される理想的なサイクルを実現できます。

すぐに変化が現れなくても諦めず、一定期間はお手入れを継続し、理想の美肌を手に入れましょう。