紫外線対策

シミを増やさないためのQ&A-紫外線対策編①

シミを増やさないためのQ&A-美白ケア編①

シミやシワを含む、肌の老化原因の実に80%を占めているのが、太陽の紫外線と言われています。紫外線を全く浴びない生活は難しいですが、なるべくダメージを受けない工夫をして、新たなシミを増やさないようにしたいですね!「SIMIUS ビューティーラボ」では、シミを増やさないための夏の特別企画がスタート!まずは、お客様から寄せられた美白・シミケアについてのお悩みに、監修を務める三矢さんが解決策をご紹介する「シミを増やさないためのQ&A」です。今のうちに肌ダメージを回避するために、知っておくべき紫外線対策をチェックしましょう!

Q1

日焼けしやすい肌質ってありますか?

A1

ずばり「乾燥肌」です。

日焼けは、紫外線B波により肌がほてり赤くなる “サンバーン”と、紫外線A波によるメラニン色素で肌が黒くなる“サンタン”の2種類があります。
どちらの日焼けも、水分不足の肌は要注意。メラニン色素はシミのもとにもなりますが、実は紫外線ダメージから肌を守るために増えるので、サンタンは皮膚が正常に機能している状態でもあります。ただし肌が乾燥して、正常にメラニン色素が排出されなければ、シミとなって残ってしまいます。また肌が炎症を起こしている状態のサンバーンは、メラニン色素が作られないため、紫外線ダメージをダイレクトに受けて起こります。乾燥肌は紫外線を吸収しやすいため、シミやシワの原因を作りやすいのです。

Q2

スキンケアしないで日焼け止めを塗っても大丈夫?

A2

NG!スキンケアそのものも日焼け予防です。

日焼け止めは、落ちにくくするために皮脂や汗のベタつきを抑える働きを備えているものが多いです。そのため皮脂のコーティング力が弱く、肌の水分が逃げやすくなります。日焼け止めを塗る前には、スキンケアでしっかりと保湿してからが鉄則です。

Q3

日焼け止めと化粧下地、塗る順番は?

A2

日焼け止めが先!

最近は下地としても使える日焼け止めも多いですが、下地にはファンデーションの定着を良くするという日焼け止めにはない効果もあります。両方塗る場合は、まずは日焼け止め、次に下地が正解。紫外線は、夏はもちろん冬でも曇りでも降り注いでいます。シミゼロ肌を目指すなら、日焼け止めはスキンケアの仕上げと心得て、季節を問わず毎朝のルーティンに加えるくらいが丁度良いかもしれませんね!

Q4

スキンケア、日焼け止め、ファンデーションは、すぐ重ね塗りしてもOK?

A4

NG!それぞれが肌にしっかりとなじんでから、次のステップに進みましょう。

スキンケアが肌に浸透し、なじまないうちに日焼け止めを塗ってしまうと、よれたりポロポロとカスのようなものが出たりと、ムラ付きの原因になってしまいます。これではせっかく日焼け止めを塗っても、正しい効果をえられません。ファンデーションも同じで、日焼け止めや下地が肌になじまないタイミングで重ねてしまうと、美しく仕上がらないばかりかはやく化粧が崩れてしまう原因にも。

Q5

SPF、PAって何?

A5

紫外線カット力の強さを表す指標です。

紫外線には、肌表面を炎症させるβ波と、肌の奥に入り込んでシミやシワなどの原因をつくるA波の2種類があります。B波への対抗力の強さをSPFの数値、A波への対抗力の強さをPAの+の数で示し、UVケア商品に表示されています。現在の国内最高値は「SPF50+・PA++++」です。

Q6

紫外線カット力が強ければ、スプレータイプの日焼け止めだけでも大丈夫?

A6

SPFやPAはあくまで目安です。

スプレータイプに限らずSPFやPA値はあくまで目安としてとらえましょう。スプレータイプは手軽でお直しに最適です。噴霧したら、手で押さえてなじませましょう。

Q7

夏はメイク崩れで、シミが目立つ!崩れないメイク方法は?

A7

しっかりと保湿ケアを!

汗をかく夏は肌が潤っているように錯覚しますが、紫外線やエアコンなどの肌ストレスで実は乾燥しやすい傾向にあります。
肌内部が水分不足となる隠れ乾燥状態だと、足りない水分を補おうと皮脂の分泌が盛んになり、それが化粧崩れを引き起こすのです。保湿ケアで潤った肌を保ったうえで、汗や皮脂に強いタイプの日焼け止めや化粧品を選んで使用しましょう。

Q8

日焼け止めは重ね塗りするべき?

A8

重ね塗りすると、重ねたUVケアの中の最高値まで紫外線カット効果が高まります。

日焼け止めだけでなく、紫外線カット効果のあるファンデーションや化粧下地もあります。
例えばSPF30・PA++の化粧下地にSPF10・PA+のファンデーションを重ねたとします。
【化粧下地SPF30・PA++】+【ファンデーションSPF10・PA+】≠SPF40PA+++
【化粧下地SPF30・PA++】+【ファンデーションSPF10・PA+】=SPF 30PA++
SPF40・PA+++になるわけではなく、トータルでの紫外線カット効果は「SPF30・PA++」です。
ファンデーションをSPF50+・PA++++のものに変えると、【化粧下地SPF30・PA++】+【ファンデーションSPF50+・PA++++】=SPF50+・PA++++となります。つまり化粧下地が同じでも、「SPF50+・PA++++」の紫外線カット力に強化されます。日焼け止めを塗らなくても、紫外線カット効果のある商品であれば、重ねて使用している商品の最高値まで効果が引きあがるのです。必ずしも重ね塗りするべきとも言えませんが、重ねる利点も少なからずあるのです。

Q9

メイクの上から日焼け止めを塗り直すには?

A9

パウダーやスプレータイプの日焼け止めがおすすめ!

パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めなら、メイクしたまま崩すことなく、日焼け止め効果を追加できます。

Q10

外出先でのメイク崩れ、どうしたらいい?

A10

ティッシュで押さえてからメイク直しを。

化粧崩れの原因は汗や余分な皮脂。それらを放置した上にメイクを重ねても、汚れを広げているのと同じです。一度ティッシュで押さえるか、できれば水分を含んだコットンでやさしく取り除き肌を落ち着かせてから、メイク直しをするのがコツです。塗ってなければ崩れないという逆転の発想で、そもそもはじめからファンデーションの厚塗りを避けておくのも◎。化粧直しもコンシーラーとプレスドパウダーだけで済ませるなどの工夫をしても良いですね!

紫外線対策商品は、様々なタイプのものが販売されていて、どれがいいか迷ってしまうほどですよね。まずは、どの商品を選んだら良いか? どんなふうに使うと良いかがわかる10問を、ご紹介しました。自分にあった日焼け止めやUVケア商品を、賢く生活に取り入れてシミゼロ肌をキープしましょう。来週からも是非チェックして、紫外線に負けない夏を過ごしてくださいね!