紫外線対策

紫外線・汗・水、夏の強敵から白肌を守ろう!

紫外線・汗・水、夏の強敵から白肌を守ろう!

アウトドアでのレジャーやスポーツを満喫したい夏。そこで注意したいのが日焼けです。小麦色に焼けた肌は魅力的ですが、実は日焼けは軽いやけど。つまり肌が炎症を起こし悲鳴をあげている状態なのです!!夏は日焼けを引き起こす紫外線が強く、そんなに日に当たった自覚はなくても、確実に肌はダメージを蓄積しています。日焼け止めを活用して、健康な白肌をキープしましょう。

夏の必需品、日焼け止めは欠かせません!

太陽光が強い夏は、日傘をさしていてもアスファルトの照り返しやショーウインドウなどからの反射で、肌に紫外線が届いてしまいます。屋内にいても、肌の奥深くまで到達してシミの大きな原因となるUV-A波は、窓を突き抜けて入ってきてしまいます。そのため明るい時間帯は、どこにも逃げ場はありません。しかし太陽から隠れた暗闇での生活は難しいし、なによりつまらないですよね!そこで活躍するのが日焼け止め。肌に直接塗るものだから、いつでも全方位から紫外線をブロックできます。

【年間の紫外線量】

【年間の紫外線量】

【紫外線の種類】

A波(UV-A) ジワジワと肌の真皮にまで到達する紫外線A波。真皮には、コラーゲンやエラスチンなどハリ、弾力を支える成分があるため、A波によるダメージは、シワ・たるみを引き起します。また、A波は雲を通り抜けるため、曇りの日でもその量は晴天時とあまり変わりません。

B波(UV-B) A波よりもエネルギーが強い紫外線。肌表面に炎症を起こし、メラニン色素を増加させて、日焼けによるシミ・ソバカスを引き起こします。B波は、雲やガラスなどである程度防ぐことができます。

【SPF・PAとは?】

日焼け止めに表示されている「SPF」と「PA」は、紫外線を防ぐ効果の指標です。「SPF」は紫外線B波のカット効果を「数値」で示し、「PA」は紫外線A波のカット効果を「+」で示しています。SPFとPAの値が両方高いものが紫外線防止には効果が高いとされます。ちなみに、国内最高値として認められているのは、「SPF50+・PA++++」です。たくさんの種類の日焼け止めが販売されていますが、どれを選べばいいのでしょう?テーマパークや外回りなどで屋外にいる日は「SPF」と「PA」の高い数値のもの、ずっと屋内にいる日は低い数値のものというように、ライフスタイルや行動・目的地などにあわせて、日焼け止めを使い分けるのがおすすめです。

汗・水を避けられない夏に、ウォータープルーフ

「SPF」と「PA」の値が大きい日焼け止めを塗っていたのに、日焼けしてしまったという経験はありませんか?
日焼け止めは、一度塗ったら落とすまで永遠に肌にはりついているものではありません。日常生活で動いたり汗ばんだりすることで、いつの間にか落ちて効果が低くなってしまいます。何もしなくても汗をかく、夕立に降られる、リゾートで水に潜るなど、日焼け止めに最も頼りたい夏は、汗・皮脂が分泌しやすく何かと水に濡れる機会が多い季節です。どんなに紫外線カット力の高い日焼け止めでも、朝塗ってそのままにしていたら徐々に落ちて日焼けしてしまいます。白い肌を維持するには、こまめに塗り直して効果を保つことが必須です。しかし、いつも美容のことばかり気にしていられないし、正直なところ面倒くさい、つい忘れてしまうことだってありますよね。そんな方は汗・水などに強いウォータープルーフタイプを選ぶと、塗り直しの回数が減っても日焼け止め効果が長持ちしてくれるので安心です。

【汗・水に強い対策アイテム】

肌に密着して落ちない日焼け止めはクリームタイプ さまざまな日焼け止めがありますが、落ちにくいのは摩擦に強く、肌に密着して膜をつくるクリームタイプ。
さらりとしたジェルタイプは使用感が軽く爽やかですが、落ちやすいものが多いです。重くなくべたつかないクリームタイプも開発されているので、夏のレジャーのお供には、クリームタイプがおすすめです。

ファンデーションで紫外線カット効果を高める! 最近は、紫外線カット効果のある化粧下地やファンデーションもあります。併せ使いすると効果が高まるのでしょうか?
例えばSPF30PA++の化粧下地にSPF10PA+のファンデーションを重ねたとします。
×【化粧下地SPF30PA++】+【ファンデーションSPF10PA+】=SPF40PA+++
○【化粧下地SPF30PA++】+【ファンデーションSPF10PA+】=SPF 30PA++
SPF40PA+++になるわけではなく、トータルでの紫外線カット効果はSPF30PA++です。
ファンデーションをSPF50+PA++++のものに変えると、【化粧下地SPF30PA++】+【ファンデーションSPF50+PA++++】=SPF50+PA++++となります。つまり化粧下地が同じでも、SPF50+PA++++の紫外線カット力に強化されます。

日焼け止めを塗らなくても、紫外線カット効果のある商品であれば、重ねて使用している商品の最高値まで効果が引きあがるのです。化粧下地を紫外線カット力の高い日焼け止めに変えるという手段もありますが、化粧下地にはベースメークを崩れにくくするという日焼け止めには望めない効果もあるので、日焼け止め+化粧下地+ファンデーションと重ねて塗ることも美しさキープに有効です。同じUVケア商品のカテゴリーでも、メーカーやシリーズが異なると配合成分同士の相性が悪く、肌を痛める可能性もなくはありません。なるべく同じシリーズをラインで使うと肌に優しいでしょう。

持ち歩きたいスプレータイプの日焼け止め! 日焼け止めが徐々に落ちたら、塗り直して効果を補いたいところ。でも化粧直しで、ベースに塗った日焼け止めを重ね塗りするのは難しいですよね。そんな時便利なのが、スプレータイプの日焼け止め。メークの上から、手軽に塗り足せて紫外線カット効果を持続できます。実は一番紫外線を浴びている髪や頭皮、自分では塗りにくい背中などにも吹きかけて、全身すきのないUVケアをしましょう。

正しく塗って、効果を最大限に!

こまめに塗り直すことも大切ですが、そもそも塗り方が間違っていたら日焼け止めも実力通りの効果を発揮しません。

1.スキンケア後に適量をムラなく、塗る!

スキンケアが吸収されて肌が整えてから、無理にこすらなくても伸ばせる適量を、ムラやけしないよう隅々まで塗りましょう。急いで日焼け止めを塗ると、うまく肌になじまずよれてしまう原因に。時間と気持ちに余裕を持つことで、きれいと日焼け止め効果が長続きします。

2.首や体も、しっかり紫外線対策を!

顔に近い首・デコルテはもちろん、体にも日焼け止めを塗って、全身の白肌をキープしましょう。

3.古い日焼け止めは使用しない!

使いきれなかった去年の夏用日焼け止めなどは、使用しない方が賢明です。見た目や香りが変わらなくても、実は劣化していて肌を痛める可能性があります。未開封のものでも3年以内に使いましょう。

日焼け止めを使いこなし夏の紫外線を制しましょう! 1年中シミをよせつけない美しい肌は努力次第で手に入るのです!