今あるシミがもっと濃くなる!

冬の乾燥スパイラル「過乾燥」

冬の乾燥スパイラル「過乾燥」

冬は屋内外問わず、一日中空気が乾燥しています。

現代は「過乾燥」の状態にあり、その対策なくして美肌を維持することはできません。

常に保湿に気を使えるかどうかが運命の分かれ道なのです。

乾いた空気と暖房で肌は「過乾燥」状態に

冬になると、多くの方が肌乾燥に悩まされます。なかには皮がめくれたり粉をふいたり、かゆみがでて肌があれてしまう方も。原因は、屋内外の湿度低下による「過乾燥」です。

気温が低い冬は、空気が乾燥しがち。日本海側はシベリアから湿気を含んだ冷たい気団が降りてきてしっとりと雪を降らせますが、太平洋側は、高い山脈を超えて湿気を失った冷たい空気だけが吹きつけるため、空気はカラカラに乾いています。

また、「過乾燥」は屋内にいても油断はできません。オフィスやショッピングモールなどでは暖房が効いていて、長時間いると喉が渇いて痛くなってくるほど。そもそも大気中の水分は湿度によって含まれている量に差があり、気温が高いほど多くの水分を含むことができ、低いほど含む量は少なくなります。

気温が低い冬はそれだけで空気が乾いているのに、その状態で加湿をせずに温度だけ上げれば、さらに空気は乾く一方。現代では、屋内のほうが肌乾燥の危険度は増しているのです。

湿度と気温の年間推移

こまめな保湿が冬のシミを防ぐ

ほかにも、寒さによる代謝低下で肌が自ら作り出す保湿成分が作られにくくなったり、汗の減少で皮膚から奪われる水分量が増えたりと、冬は「過乾燥」に陥る条件がそろっています。放っておけば、シミができやすくなるだけでなくシミの排出まで遅れ、今あるシミが濃く、大きくなってしまいます!

シミを濃くする「過乾燥」から肌を守るため、朝晩のお手入れに加えて日中のあらゆるシーンで常に保湿を心がけましょう。

24時間しっかり保湿ケアをしましょう

「過乾燥」でシミを濃くしないために、朝晩の美白ケアはもちろん、日中はこまめな保湿ケアが大切。
朝起きてから夜眠りにつくまで、保湿のタイミングをお伝えします。

保湿ケア 1日のスケジュール

こまめな保湿でシミを悪化させず冬もしっとり潤う美白肌に!

  • ご注文・お問い合わせ

    ※メビウス製薬オンラインショップでは、お客様からよくいただくご質問や便利なQ&Aをご案内している「よくあるご質問」ページをご用意しています。

    またメールでのご質問・ご相談は、その内容ごとに専門のスタッフが承っております。

    お問い合わせフォームはこちら