シミウス ホワイトニングリフトケアジェルでおなじみのメビウス製薬公式サイト。お得な定期便なら20%オフ&送料無料!
薬剤師・アロマセラピスト・漢方アドバイザーの三矢 朝美監修

読めば10倍きれいになれる! SIMIUS ビューティーラボ

  • カテゴリ一覧
  • 美白(シミ・くすみ)
  • 紫外線対策
  • シワ・たるみ
  • 肌荒れ
  • ライフスタイル
  • 美白レシピ

肌荒れ

ストレスに負けない肌を目指す!

現代社会に生きる私たちと、“ストレス“は切っても切れない関係。会社や友人関係、家族関係など、何かしらのストレスを抱えている方は多いでしょう。ストレスが与える影響は、精神的ダメージだけではなく、体調や肌にも大きな影響を及ぼします。今回は、ストレスによって肌や体が不調になるメカニズムや、ストレスを軽減する方法についてご紹介します。
dfd36cbd1935dc5537d130ed9f6a6923_s

●自覚しにくい“ストレス“の原因

ストレス社会とも言われるように、現代社会では多くの人がストレスにさらされながら生活を送っています。現代人のストレスは働く人だけでなく、子供や高齢者にいたるまでさまざまな影響を与えています。多くの人を悩ませるストレスは目に見えないものなので、心や体などに不調が現れない限り自覚しにくいものです。

 

<あなたのストレスをチェック!>

□胃が痛むことが多い

□睡眠が浅い、睡眠

□めまいを起こしやすい

□肩がこっている

□生理不順である

□口内炎ができやすい

□気分が沈む

□イライラしやすい

上記に当てはまる方は、ストレスを抱えている可能性が高いかもしれません。

では、多くの人が抱えるストレスの要因には何が考えられるのでしょうか。ストレスの要因は、大きく分けて「外的要因」と「内的要因」の2つ。外的要因は、気候など自分を取り巻く周辺環境などのこと。内的要因は、人間関係や生活習慣などが挙げられます。それらの要因が重なることで、人の心はプレッシャーや刺激を受け、それが精神的なダメージとして表れる場合もあれば、体調を崩して病になる場合もあります。もちろん、肌にとってもストレスは大敵!肌老化を進行させる「活性酸素」が発生したり、健やかな肌を保つ女性ホルモンが乱れたり・・・。いつまでも若々しくてキレイでいたい女性にとって、気をつけなければいけない大きな問題なのです。


【ストレスの要因】

外的要因  寒暖の差、紫外線、大気汚染、騒音  など

内的要因  人間関係、睡眠不足、食生活の乱れ など

 

●肌年齢にも大きく影響してしまう!

ストレスを受けている間は神経が敏感になり、常に緊張状態になっています。すると、血管の収縮が起こり肌へ栄養がいきわたらなくなってしまいます。そのような状態では、いくら良い化粧品でお手入れしていても効果は現れにくくなってしまいます。さらに、ストレスで発生しやすくなる「活性酸素」や、女性らしさや健康的な肌を維持する「女性ホルモンの乱れ」は、肌老化に拍車をかける一因になります。

 

【ストレスで起こる肌老化】

◎ストレスで活性酸素が発生し、シミやしわに!
鉄などの金属がサビたり、果物が茶色に変色してしまうのは、酸素によって物質が「酸化」するためです。私たちの肌内部でも、年齢を経るごとに肌細胞をサビつかせているのが悪玉酸素である「活性酸素」。これが体内で大量発生すると、細胞や遺伝子を傷つけてシミやしわなどの肌老化を引き起こします。この活性酸素を大量発生させる原因には、ストレスの他、激しい運動、紫外線などがあります。

 

 

kasseisanso


◎ストレスで女性ホルモンが乱れ、乾燥やたるみに!
女性ホルモンの「エストロゲン」は、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンを産生する働きがあります。それが加齢により減少していくと、肌老化の進行につながります。そこにストレスが重なると、女性ホルモンの分泌が乱れ、体に不調をきたしたり、肌に弾力やツヤがなくなったりと、肌老化がより深刻化してしまいます。

 

●ストレスに負けない体と肌のつくり方

ストレスは、溜め込んでしまうことで心や体、肌が不調に陥ってしまいます。溜め込まず、日々の生活の中で上手に解消していくにはどうすればいいのでしょうか。ストレスの原因そのものを取り除くのが難しい場合は、自分の中で緊張した心を解きほぐすリラックス方法や、ストレスに負けない体と肌をつくる方法を実践することです。今回は、おすすめのストレス対策についてご紹介します。

 

【おすすめのストレス対策】

■食事でストレスに負けない体づくり
毎日の食事は、体づくりに欠かせません。また、食べることで気持ちが落ち着いたり、元気がでたりといった作用も期待できます。そのため、食事を摂る時間が不規則だったり、栄養が偏っていたりするとストレスへの抵抗力が弱まってしまいます。

<ストレスに強くなる栄養素>
●カルシウム
⇒ 干しえびやしらす干しなどの小魚類、牛乳、チーズ など
●マグネシウム
⇒アーモンド、落花生、ひじき など
●コレステロールとたんぱく質
⇒肉類、魚類、大豆製品 など
●ビタミン
⇒野菜、果物 など

女性ホルモンを補うためには、豆腐や納豆などがおすすめ。それらに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きをし、ホルモンバランスを整える働きがあります。

 

■きちんと睡眠
ストレスにさらされると神経が過敏になり、頭が冴えて眠れない場合も。慢性的に睡眠不足や眠りが浅くなっていると、体だけでなく脳の回復もできないため集中力や気力が減退してしまいます。また、肌の再生も睡眠中に行われるため、睡眠不足が続くと肌の調子も悪くなってしまいます。

<理想的な睡眠をとるために>
●最低でも6~7時間睡眠をとる
●夜10時~深夜2時までの肌のゴールデンタイムは熟睡を目指す
●遅くとも午前0時半までには寝るのを目標に

 

■適度な運動で気持ちを明るく
体を動かすことで、満足感やリフレッシュ効果が得られるためストレス解消に役立ちます。ウォーキングなど手軽に始められる運動や、時間がない場合は室内でできるストレッチなど自分が負担にならず「楽しめる」方法がおすすめです。

<おすすめの運動>
●ウォーキング ●ストレッチ ●ヨガ ●サイクリング など

 

■香りで心を安らかに
張り詰めた神経を香りでゆるめるのも良い方法です。好きな香りをかぐと、リラックスし、リフレッシュします。アロマやお香など、自分の好きな香りを見つけてみましょう。お部屋で焚くのはもちろん、入浴時にバスソルトやバスボムとして楽しむ、ハンカチなどいつも身につける物に好きな香りをつけるのもおすすめです。

<ストレス解消に役立つ香り>
●ローズマリー ●ラベンダー ●ペパーミント ●ユズ ●オレンジ など

 

■ビタミンC誘導体で抗酸化ケア
ストレスによって発生の可能性が高まる「活性酸素」は、そのままにしておくと肌老化を進行させてしまいます。それを防ぐためには、毎日のお手入れで抗酸化成分のひとつである「ビタミンC誘導体」配合の化粧品を取り入れるのがおすすめです。シミケアにも効果が期待できる成分です。

 

ストレスを溜め込んでしまわないために、日々の中で少しずつ解消していくことは大切です。自分が何でリラックスできるのか、一度考えてみてはいかがでしょうか。

特集一覧"

 
マッサージ
 
化粧雑貨
 
創業物語
全部実話!マンガで店長
  シミウスジェルのマッサージ方法!
  simiusライン使いの方にオススメ!

  メビウス製薬創業物語
  クスッと笑える店長実録マンガ!