シミウス ホワイトニングリフトケアジェルでおなじみのメビウス製薬公式サイト。お得な定期便なら20%オフ&送料無料!
薬剤師・アロマセラピスト・漢方アドバイザーの三矢 朝美監修

読めば10倍きれいになれる! SIMIUS ビューティーラボ

  • カテゴリ一覧
  • 美白(シミ・くすみ)
  • 紫外線対策
  • シワ・たるみ
  • 肌荒れ
  • ライフスタイル
  • 美白レシピ

紫外線対策

行楽シーズンの紫外線対策お忘れなく!

紅葉など秋の行楽シーズン真っ只中!外出する機会も多くなり、屋外に長時間いることも増えてきますよね。そんな時に見落とされがちなのが「紫外線対策」です。日差しも夏ほど強く感じず、過ごしやすい季節のため危機感が薄れてしまう傾向に。それでは、いくら美白やシミケアをしても結果がでにくくなってしまいます。今回は、秋やこれから冬にかけての紫外線対策についてご紹介します。
170548f9595a71822417f08425cdf518_s

●秋も紫外線を甘く見てはダメ!

秋は、夏の強い紫外線ダメージを受け肌も疲れている状態。
そんな状態にも関わらず、気を緩ませているのが、
日差しが弱い=紫外線量はそれほど多くないという自己判断。
もちろん夏に比べて紫外線量は減っていますが、
外出する時間が夏の倍になれば浴びている量は同じぐらいになってしまいます。

下のグラフを見ると分かりますが、紫外線は一年を通して降り注いでいます。
目に見えないため判断がつきにくいのは事実ですが、
毎日肌は紫外線にさらされていると言っても過言ではないのです。
そのため、行楽シーズンで長時間外出される時も紫外線対策は万全に行うのがベスト!

 

紫外線グラフ

 

さらに、秋はシーズン特有の乾燥が紫外線対策をしていない肌に
追い討ちをかけるため、夏とは違った過酷な状況に置かれるのです。

湿度も下がり始めるため、乾燥も大きく影響してきます。
乾燥することで肌のターンオーバーがスムーズに進まず、
メラニンを含む角層が溜まりシミも現れやすくなってきます。

 

<乾燥によってシミができやすくなるメカニズム>

肌図

 

 

夏に受けた紫外線の影響で、肌内部にシミ予備群が存在。
肌が乾燥することで、ターンオーバーの周期が遅れ
角質層にどんどん色素が沈着したシミが現れるという
悪いスパイラル
になってしまいます。
つまり、秋の紫外線対策は日焼け止めなどで防ぐだけでなく、
肌の潤いをキープする保湿も併せて行う必要があるのです。

 

 

●“ほぐすマッサージ“で紫外線に負けない肌づくりを

今の季節も日焼け止めを塗るのは不可欠です。
しかし、乾燥する今だからこそ徹底したいのは、
日焼け止めを塗る前の保湿ケア。
いつものお手入れにひと手間加えるだけで、
紫外線にも負けない肌づくりの準備をしておきましょう。

 

◎マッサージで肌をやわらかく
乾燥した肌は全体が硬くなってしまうため、
せっかく高機能の化粧品を使っても浸透しにくい状態に。
まずはマッサージで肌をほぐしやわらかくしましょう。
マッサージをする時は、ジェルなど肌に直接刺激を与えないように行ってください。

また、「イタ気持ちい強さ」「ほぐして流すを意識する」「毎日続ける」が
マッサージのコツです!

 

1.リンパ節をほぐす

ステップ1

まずは老廃物を流しやすくするために、
耳の下のくぼんだ部分(耳下腺リンパ節)を10秒ほど、
グリグリと押してほぐします。始めは痛みを感じるかもしれませんが、
イタ気持ちい強さでしっかりほぐしましょう。

 

2.頬の下の筋肉をほぐす

ステップ2

グーにした手の第二関節部分を使って、
頬の奥の筋肉をグリグリとほぐします。
凝り固まりやすい部分なので、少しイタ気持ちいいぐらいが理想的。
頬骨の下にグッと入れ込むイメージで。

 

3.顔全体を流す

ステップ3

指の腹を使い、顔全体を①~③の順に中心から外側へ向かって流します。
流した後は、手のひら全体を使って顔の筋肉をぐいーっとこめかみ向かって引き上げ、
最後に耳下腺リンパ節に向かって流します。

 

4.鎖骨に流す

ステップ4 ステップ4_②

耳下腺リンパ節まで流したら、鎖骨のリンパ節に向かって、
指先を使ってなでおろします。
その後、鎖骨のつぼを①~③の順にグーッと押してほぐしたら、
同様の順番で流します。右側は左手で、左側は右手で行うと便利です。

 

 

●紫外線対策の効果アップテクニック!

マッサージの後に保湿&美白のスキンケアを行うと、
肌への浸透スムーズになり潤った肌ができあがります。
この潤った肌が土台にあるからこそ、
バリア機能が正常に働き紫外線ダメージも受けにくくなるのです。

では次に、長時間の外出でも紫外線ダメージを受けにくい
肌になるための方法をご紹介します。


テクニック①使用量をきちんと守る
意外に守られていないのが、日焼け止めの使用量。
塗る量が少ないと顔全体にきちんと塗れない上、
紫外線から守る効果が発揮されづらくなってしまいます。
化粧品ごとに定められた適量をきちんと守るようにしましょう!

 


テクニック②シミができやすい部分は重ね塗り
日焼け止めを顔全体に塗った後、
日焼けしやすくシミができやすい頬骨に重ねづけをおすすめします。
また、紫外線は露出している肌部分すべてに当たります。
塗り忘れしやすい首や耳の後ろなど、念入りに塗るように心がけましょう。

 

テクニック③紫外線防止力の高いファンデーション・BBクリーム
より確実に紫外線を防ぐためには、日焼け止めと同じく
「SPF・PA値」が高いファンデーションまたはBBクリームを
重ねるようにしましょう。

さらに、肌の乾燥を防ぐ美容成分配合のものを選ぶのがベストです。

 

テクニック④外出先でもきちんと塗り直しを
日焼け止めやUVカット効果の高いファンデーションを塗った後は、
塗り直ししない方が多いです。しかし時間がたつにつれて効果が薄れてきますので、
秋でも2~3時間ごとの塗り直しが必要。
そこで、メイクの上からでも使えるUVスプレーや
パウダータイプの日焼け止めがおすすめ!

どちらか1つでも携帯しておけば、外出先でも簡単に塗り直しができます。

 

テクニック⑤ビタミンCサプリを摂取
紫外線を浴びると分かっている外出前や後には、
ビタミンCサプリの摂取がおすすめです。

ビタミンCには、シミのもととなるメラニン生成を抑える、
できたシミにも働きかける効果があります。
ビタミンCは、一定以上体内に貯蓄できないという特性があり、
2~3時間で排泄されるので、1度にたっぷり摂るよりも3食に分けて、
こまめに摂る方法がベストです。
毎日摂取するのが難しい方は、
外出前後にこまめに摂取することで、シミができにくい肌へと導いてくれます。

 

 

過ごしやすい季節は、お出かけするのも楽しいですよね。
そんな時も、紫外線をできるだけ防ぎ、ダメージを蓄積させないことが、
シミを増やさないためには必要です。
今回ご紹介した秋の紫外線対策は、保湿も重要なポイント。今の時期特有の乾燥にも
気をつけて、行楽シーズンを満喫してください!

特集一覧"

 
マッサージ
 
化粧雑貨
 
創業物語
全部実話!マンガで店長
  シミウスジェルのマッサージ方法!
  simiusライン使いの方にオススメ!

  メビウス製薬創業物語
  クスッと笑える店長実録マンガ!